皆さまのシェアをお待ちしています♡

7月22日はナッツの日♡ひと握りのナッツでボディコンディショニング!

皆さまのシェアをお待ちしています♡

昨日、7月22日は「ナ(7)ッ(2)ツ(2)」の語呂にちなんで「ナッツの日」。
同じような感じで、9月30日がくるみの日、11月11日のピーナッツの日があります。わたしわんにゃんアナが注目の天然サプリ「ナッツ」は、栄養価も高く、朝食には欠かすことができない理想の食材ですナッツの日から1日過ぎてしまいましたがナッツのいいところをご紹介していきます。nuts

ナッツの栄養価

ナッツの栄養価は、以前からスポーツ界では注目されており、多くのアスリートさん達が食生活に取り入れていたようです。

わんにゃんアナが、ナッツの栄養価に注目するきっかけになったのは、あるモデルさんの朝食のブログ記事

ひとくちにナッツといってもアーモンドをはじめくるみやピスタチオ、カシューナッツといろいろな種類があります。
考えてみたら、先人というか古来より木の実を採って生きてきたヒトにとって栄養価が高いのは周知の事実だったのですね。
痩せた土地や気象条件の厳しい場所でも硬い殻に覆われて実となるナッツには、ビタミンや必須脂肪酸などがバランスよく栄養分としてぎゅっと詰まっています。

「ナッツは脂肪が多い」と避けてきた人が多いと思います。
何を隠そうわんにゃんアナもそのひとりです。
しかし、ナッツに含まれる栄養素のなかで特に凄いのがその脂肪分。
不飽和脂肪酸であるオレイン酸やαリノレン酸が豊富に含まれていてノンコレステロール。
もともと体には必須な良質な成分なので、1日30グラムを目処に、安心して食材として取り入れても大丈夫です。

bikyaku

主なナッツはな~に?

アーモンド

ナッツの代表であるだけでなく、ボディコンティショニングにはもっとも最適なアーモンド。
抗酸化力のあるビタミンEや必須脂肪酸のオレイン酸豊富に含んでいます。
アーモンドを約20粒で摂取するだけで、1日の目標量を達成できると言われるほど栄養価がたっぷり。
また、ごぼうの2倍の食物繊維やほうれん草の6倍の鉄分量も見逃せません。
最近では老化物質AGEの蓄積を防ぐ効果も注目されています。

くるみ

オメガ3脂肪酸であるαリノレン酸が特に豊富でビタミンEやビタミンB群も多く含んでいます。

ピスタチオ

カリウムが多く含まれているので、体内の水分を調整し余分な塩分を排出する働きがあります。
また、ビタミンB1やB6も含まれているので、酵素の働きを活性化する効果があります。

カシューナッツ

植物性たんぱく質を多く含み、必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンも多く含んでいます。
メラトニン生成を促してくれるので、快眠へと導いてくれる効果があります。

ピーカンナッツ

 カリウムやマグネシウムなどのミネラルをバランスよく含み、筋肉や骨など体を作る役割を担うリン脂質が豊富に含まれています。

nuts

毎日ひと握りのナッツで、ボディコンティショニング

サプリメントに抵抗感があるわんにゃんアナにとっては、天然サプリとして、そして栄養満点のナッツ!
毎日ひと握り(約30g)のナッツを食べることによって、食事回数を減らすことなく、おいしくて効率よくダイエットが可能です。
含まれている成分を考えながらメニュー作りをすればデトックスだってできてしまいます。

わんにゃんアナは、主として朝食メニューとして取りれていますが、お料理に取り入れやすい食材なので色々なメニューができると思います。
スープからデザートまで、フルコース料理のメニューだって夢ではありませんので、ぜひチャレンジしてみてください♡

nuts

最後にひとこと♡

高級スーパーでなくてもよく見かけるようになったので入手も価格も手頃になったナッツ!

美意識の高い女性のあいだでひそかにブームとなっている「ナッツのはちみつ漬け」というのもありますよ♡あと、アンチエイジングにも効果が…
この機会に理想的な健康食材「ナッツ」の効果を見直してみたらいかがでしょうか。

nuts

明日も素敵な1日になりますように
Bye Bye
スポンサーリンク

皆さまのシェアをお待ちしています♡

皆さまのフォローを待ってま〜す♡

7月22日はナッツの日♡ひと握りのナッツでボディコンディショニング!
この記事をお届けした
わんにゃんアナウンス室の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!