皆さまのシェアをお待ちしています♡

Missoni(ミッソーニ)のジグザグ柄 ニットヘッドバンドで「オトナレディ♪」にトライ♡

皆さまのシェアをお待ちしています♡

雨の日、風の日、そして今日みたいに暑い日☔?☀
外出前は、せっかくオシャレにまとめたヘアースタイルも帰ってきたときにはありえないほどバサバサになったりしませんか?
その前に、梅雨や蒸してる日は、出かける前からヘアスタイルが思うように決まらないよね。
こんな時、皆さんはどうしてますか?

まとまらない髪

そんな時のわんにゃんアナは、ヘアバンドでスッキリとまとめています。
人形のように可愛いスタイルがファッショントレンドだった時代やちょっと古臭く、田舎っぽい雰囲気のシンプルなファッションでも、以外に今でも使えそうなほどオシャレと思えるようなものがあります♡

ゆる~く髪の毛をまとめれば以外にも「オトナレディ♪」と思えるようなスタイルに、いつもと一味違う「わたし」が発見できちゃうかも!

まとめた髪

梅雨明けはまだしていないですが、大好きな夏を個性的なアレンジにトライしようと思って、Missoni(ミッソーニ)の、ジグザグ柄 ニットヘッドバンド(マルチカラー)をGET!
とってもカラフルなニット素材…レトロガールだけでなく、湘南らしくリゾート風アレンジで「オトナレディ♪」にもトライしちゃいます!Missoni(ミッソーニ)のジグザグ柄 ニットヘッドバンドMissoni(ミッソーニ)のジグザグ柄 ニットヘッドバンド

Missoni(ミッソーニ)のジグザグ柄 ニットヘッドバンド

Missoni(ミッソーニ)について

1953年、イタリアのオッタヴィオ・ミッソーニとロジータ・ミッソーニ夫妻が設立したブランド。
当初はミッソーニとしてのブランドでは売れず、エマニュエル・カーン、クリスチャーヌ・ベイリーのネームテープをつけて販売されたが、幾何学模様、色彩にこだわった楽しい色の組み合わせのニットが爆発的な人気を呼び、1966年にミラノでブランド「ミッソーニ」でコレクションデビューを果たしましす。
1997年、夫婦はともに引退して、子どもたちが引き継ぎます。
現在でも、「寄せ集め」(ミッソーニ風のミスマッチなパターン)といわれるが、シースルー、ラメやスパンコールなどの素材を積極的にニットへ組み合わせたり、デザインも一目でミッソー二と分かるジグザク模様、ギリシャの卍模様、ストライプ、パッチワークを中心に現代風にシフトチェンジしています。

最後にわんにゃんアナの憧れている…ミッソーニのディフュージョンライン「エムミッソーニ(M Missoni)」のリゾートコレクションをどうぞ♡

ミッソーニリゾートコレクション

出典:FASION PRESS

スポンサーリンク

皆さまのシェアをお待ちしています♡

皆さまのフォローを待ってま〜す♡

Missoni(ミッソーニ)のジグザグ柄 ニットヘッドバンドで「オトナレディ♪」にトライ♡
この記事をお届けした
わんにゃんアナウンス室の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!